TAKEDA

個人情報の取扱いについて VietnameseChineseEnglishJapanese 

HOME > タケダニュース

タケダニュース

平板ドリルマシン オートボーラー「ABP-SⅢシリーズ」新発売

ATC装置で自動工具交換を行い、更に生産性が向上

15.6型タッチパネル液晶ディスプレイ採用

穴あけだけでなく、タップ加工も可能

 

一つの製品データで下孔加工からタップ加工まで連続運転が可能な、多機能1軸ドリルマシンです。
ATC(工具自動交換)装置搭載により、自動運転中に工具が寿命に達した場合、自動で工具交換を行います。
また、工具寿命管理機能も搭載しており、機械停止時間を削減します。

写真:ABP-516SⅢ

ページのTOPへ