TAKEDA

個人情報の取扱いについて VietnameseChineseEnglishJapanese 

HOME > IR情報 株主の皆様へ

株主の皆様へ

企業の透明性を高め、皆様の声を大切にします。

私たちは、事業活動の状況や将来に向けて目指す姿を多くの方に示すことを心がけ、株主の皆様からの声を大切にすることを基本としております。
企業価値の一層の向上を目指し、期待を裏切らない成果を創りあげていくこと。それが、株主・投資家の皆様に対する私たちの約束であると考えます。そして、株主・投資家の皆様との信頼関係を長く築いていけるよう努めてまいります。

中期経営方針

当社グループは、建築鉄骨業界・製缶業界・自動車関連業界を主力とする形鋼加工機、丸鋸切断機の製造販売及び受託生産をコア事業と位置付け、「お客様視点のものづくり」を基本原点に、グローバルな競合他社に負けない競争力を強化すべく基盤体制づくりを進めております。
また、市場の拡大を図るため、中国、韓国、台湾及び東南アジアを主体とするグローバルステージに参画し、企業価値を高め、安定した収益を確保できる企業体質の構築を目指していきます。 具体的には、以下に掲げる経営課題に取り組んでまいります。

1海外売上高の飛躍

中国、韓国、台湾、東南アジアの代理店体制の強化と新規開拓により、インフラ整備関連・近代化プロジェクト需要をターゲットにした形鋼加工機の販売活動を積極的に行い、海外売上高の飛躍に挑戦してまいります。

2製品開発力の強化

グローバルな環境に適応した研究開発を実施し、製品・サービスのイノベーションを図り、年間2機種の新製品を市場投入できる体制を構築してまいります。

3OEM製品の供給強化

株式会社アマダマシンツールとの連携を強化し、世界戦略を考慮した共栄策を具現化することで市場シェアの拡大に努めてまいります。

4付加価値の向上

当社グループ全体の情報の視える化、情報共有化、業務フローの見直しを行うため、基幹システムの更新や3D-CADを活用し、業務の合理化によるトータルコスト削減を目指してまいります。

5人材育成の強化

OJT・OFF-JTによる積極的な人材育成に努め、また各種資格取得推進による個々の従業員の成長と技術・技能レベルの向上、管理階層の若返りを図り、当社グループ全体の総合技術力の強化に努めてまいります。

株主の皆様には、今後ともなお一層のご支援とご理解を賜りますようお願い申しあげます。

ページのTOPへ